ジェネレーションを自覚したうえで、鍛え上げるチャレンジをしようと思っています。

ママの更年期障害はぐっすり話題にされます。退化によるホルモンばらまきの狂いが更年期障害を引き起こすと聞いたことがあります。男性には更年期障害はあるのだろうかといった、いつの間にかは思っていたのですが、どうもあるのだそうです。

調べてみました。というのも俺は58歳になるのですが、この頃歯ぐきの痛苦や、全身の消耗、動きがおっくうになったり、白髪が増えたりといった、気持ちの上ではまだまだ初々しいとしていたのですがじつは体の不整を感じていたのです。

図書館に行く機会があったので少し調べてみました。調べてみると男性は生年月日と共にテストステロン(男性ホルモン)の分泌ボリュームが減ってくると書いてあったのです。テストステロンという名称はついに読みました。その後にこう書いてあったのです。

こういう男性ホルモンが減ってくると、きっちり筋肉ボリュームが落ち、中にはあるくのも困難になるお客様もいる。こういうテストステロンの分泌ボリュームの成果が悪いと疲労を捉え易くなると書いてありました。

俺に当てはめてみました。現在こんなことがありました。拒否を一環、センチで言うと20センチほどでしょうか、その高さをひょいとまたいで左足を付いた途端、激痛に見舞われました。

その後もさらに痛かったので医院に行ったら肉離れを起こしているというのです。か弱いやら辛いやらではかなくなりました。確かに筋肉ボリュームが落ちていたのでしょう。

散策もしない、ふとした区間も愛車で行く、体調を強める奮闘は何もしていません。流石と言えば当然です。それ以来思ったのは、自分の体調は自分でとっくり管理する、またまだまだ若いという先入観を捨てて、体調を鍛えようと思ったのです。

無理をすると、直ぐ反応があるカテゴリーなのですから。善玉菌は胃酸に弱い。だからフルーツと一緒に食べると腸まで届きやすくなります。